「カミングアウト」

 誰にでも振り返りたくない、人生の汚点のような出来事があるだろうと思います。 僕の初めての挫折は小学校2年生の頃、守口市から高槻市へ転校した時のこと。
当時は高槻市も田んぼだらけで、自然につつまれた田舎町でした。 街中から田舎の学校に転校した僕は環境に馴染めず、友達もできずクラスからも孤立していました。
 そんなある日、体育の授業中急にお腹の調子を崩してしまい、どうしても我慢できずに授業中に突然トイレに駆け込みました。普段から僕のことを良く思っていなかったクラスの悪ガキたちが授業中なのにトイレの中まで追いかけてきて 「大久保がうんこした」と囃し立てました。僕はパニクってしまいパンツを履くのも 忘れて家まで走って帰りました。あとにうんこのついたパンツを残して…。
 それから僕は「うんこたれ」の烙印を押され、事あるごとにからかわれました。 当時は学校で大便用の個室に入っただけでもからかわれた時代、なのに僕は…。
 この事件は僕の人生に暗い陰を落としていて、どんなにカッコつけても「所詮お前はうんこたれ」だとどこかで誰かに嗤われているようで急に脱力してしまいます。 この頃は正論ばかりがまかり通る時代、SNSで「人としてどうなんだ!」と人の事を批判している人達、そんなに気張ったらうんこ漏れちゃうよ!

2019年4月18日

sarubia_flower
line
back
backnext